夢を叶えた若き店主の韓国カフェ『café CREMA(カフェクレマ)』 2023年7月 伊勢崎市でオープン!

まだまだ、暑い日が続くこんな時候に、
引き寄せられるのは、やはり、
冷たいもの、さっぱりしたものですね。

 

この夏、ふくろうはうすのお客様の娘さんが
韓国カフェをオープンさせました。

 

このカフェで、手作りスイーツ
夏向けのクールなドリンクを提供されています。

café CREMA(カフェクレマ)さんでは、手作りスイーツとドリンクを提供されています

お店の名前は「café CREMA(カフェクレマ)」さんといい、
グランドオープンは2023年7月20日(木)でした。

 

お店の施工をさせていただいたこともあり、
グランドオープン前に一足早く、
手作りスイーツティー&コーヒータイム
楽しませていただきました。

 

私がいただいたスイーツは3種類、
ココナッツチョコレートケーキ、
抹茶のスコーン、チョコレートカヌレです。

 

ココナッツチョコレートケーキは、
ドライチェリーの甘酸っぱさとチョコレート、
抹茶のスコーンは、あんこと塩バターの相性が良く、
カヌレはカリっとした外側としっとりした生地の
食感の違いを楽しめました。

café CREMA(カフェクレマ)さん「抹茶のスコーン」

今回、ドリンクはエスプレッソコーヒーをいただきましたが、
夏向きのクールなスカッシュ系のドリンクもありますので、
暑い日に是非、お試しください。

 

スイーツをいただくと、幸せな気持ちになりますね。
ティー&コーヒータイムのあと、気持ちも新たに
次の仕事へと向かうことができました。

 

カフェの場所は群馬県伊勢崎市で、
桐生市からも、訪れやすい場所にありますので、
お近くの方、通りがかりの方は、是非、
目にも口にも美味しいこだわりスイーツ
食べに行ってみてください。

 

暑さを忘れる、幸せなひと時を
満喫していただけたら嬉しいです。

 

カフェオープンはオーナーさんの子供のころからの夢

お客様から、カフェのオープンについて、
ご相談いただいたのは、昨年2022年の年末でした。

 

お客様の娘さんは、子どものころから、
お菓子作りが大好きで、得意だったそうです。

若きカフェのオーナーさんは子どものころから、お菓子作りが大好きで、得意だったそうです

そんな娘さん(=若きオーナーさん)の夢は、
自分が作ったお菓子を振る舞って、
お客様に喜んでいただくこと。

 

カフェのオープンは、素敵に温めてきた娘さんの
ご家族で見守り叶える第一歩です。

 

若きオーナーさんは、当時、
埼玉県のカフェに勤めながら、
カフェのオープンという夢に向かって、
店舗経営や接客、お菓子作り、ラテアートなどの
修行を行っていたそうです。

 

当初は、ご自宅の一部を改造してカフェにしよう、
と計画されていたそうですが、
アクセスを考えると、行き来するのに便利で、
分かりやすい場所の方が良いのでは、
と、考えが変わったそうです。

 

その後、新築、古民家のリノベーション、賃貸物件など、
いろいろな方法を探り、様々な検討をされた結果、
ご自宅から近い新築のテナントで、
環境、立地条件などクリアした物件が見つかった
とのことでした。

 

カフェの店舗づくりとお客様によるDIY

café CREMA(カフェクレマ)外観

新築のテナントは、16~17坪で平屋一戸建ての
明るくオープンな雰囲気を感じさせる建物で、
内部にトイレの設置はされていましたが、
まっさらのがらんどう状態でした。

 

ホールはDIYで仕上げたいとのことで、
何となく手作り感が伝わればとお考えでした。

 

そこで、何もない空間を間仕切りして、
厨房、調理スペース、ホールを配置し、
動力電源の申請、保健所への申請、検査など、
開店するのに必要な手続きなどのお手伝い
させていただきました。

 

2023年5月の連休明けから工程を組み、
約1ヶ月後の6月15日には仮お引き渡しを済ませ、
そこから、約1ヶ月をかけて、
お客様がホールの床と壁をDIYで完成されました。

 

お客様は、YouTubeで見つけた動画を頼りに
DIYに取り組まれていましたが、
「うまくいかないけど、これで合っていますか?」と
ご相談いただいたので、現状を確認させていただき、
「このようにしてみましょうか」
助言させていただくシーンもありました。

 

店舗のドアを開け、店内に入ると
が主体の明るい雰囲気で、壁、天井とも白く、
床はナチュラル系の床板っぽい感じで
フローリングのような仕上がりになっています。

 

正面にレジカウンターがあり、
向かって左側には、お菓子の陳列棚が
セッティングされています。

 

天井高は2.7m以上の高さがあり、
空間的な広がりを感じることもできます。

 

南側にフィックスの大きなガラス窓があり、
そこに長テーブルが置かれ、
カウンター席のような感じで、窓の外を眺めながら
スイーツを楽しめるように、椅子が置かれています。

 

また、他には、4人掛け用のテーブルと
2人掛け用のテーブルがセットされています。

 

テーブルも椅子も白を基調としていて、お店全体が
シンプルで明るく優しい雰囲気でまとめられています。

café CREMA(カフェクレマ)店内の様子

 

café CREMA(カフェクレマ)さんのカヌレ

私が店舗の施工をさせていただいている時に、
ネットで話題になっているカヌレというお菓子を
作るというお話をお聞きしていました。

 

カヌレは、ひと昔前に流行ったお菓子で、
最近、またブームになったと言われる、
外側がカリッとして中が柔らかい小さなお菓子です。

カヌレは外側がカリッとして中が柔らかい小さなお菓子です

オンラインショップで販売されているとのことで、
写真を見せていただきましたが、
もともと小さなお菓子に、
更に小さなトッピングで飾り付けられたカヌレ
見た目もとても華やかで、美味しそうでした。

 

先日、お店で、カヌレをいただくことができて、
「これだったのか」と嬉しくなりました。

café CREMA(カフェクレマ)」さんの
ホームページはこちらから。

 

café CREMA(カフェクレマ)さんは、
アスファルトの駐車場を取り囲むようにある
5つの店舗のうちのひとつで、
お店の前に車を停め、すぐ入店することができます。

 

café CREMA(カフェクレマ)さん以外では、
美容室と、運送屋さんの事務所の店舗が
既にオープンしています。

 

残り2つについては、
どんな店舗が入るのか、まだわかりませんが、
工事用車両が出入りしているため、
近々、オープンされるかと思います。

 

今回は、若きオーナーさんの
カフェのオープンという夢を叶えるお手伝いに
ちょっとだけ、関わらせていただきました。

 

シンプルで優しい雰囲気のカフェですので、
真夏のしなびそうな暑さの昼下がりに、
ご家族やお友達、恋人と一緒にスイーツを楽しみに
訪れてみてはいかがですか?

 

私も、疲れが溜まってリフレッシュしたい時に、
気分転換を兼ねてcafé CREMA(カフェクレマ)さんへ
ティータイムを楽しみに訪れようと思っています。

 

お店の開店、改造などの予定のある方は、
ふくろうはうすの私、高橋までご相談くださいね。

 

高橋俊博のおうちSOS はこちら >>

外壁・屋根 メンテナンス診断 はこちら >>

暮らしのリフォーム見学会 はこちら >>

現場監督・大工 求人募集 はこちら >>

「ふくろうはうすの住まいるライフ」(FM桐生毎週水曜日12:40分~)はこちら >>

 

群馬県桐生市の工務店
リフォーム・リノベーション専門店
住まいの健康寿命診断士
ふくろうはうす(高橋建装)の高橋でした。

 

次回は「おうちカフェ風のおしゃれなリビングを実現!
サッシの交換で夏の暑さと冬の土ぼこりを解決!」
のテーマで準備しています。
楽しみにしてくださると嬉しいです。

Spread the love
上部へスクロール