「ふくろうはうす 暮らしの見学会」を参考にされた新築の住まいづくり

3年前(2020年)に新築されたお家の定期点検のため、
先日、お客様のお住まいに伺いました。

 

杉を柱や床材として、ふんだんに使っているため、
玄関に入ると、今でも杉のよい香りに迎えられます。

杉を柱や床材として、ふんだんに使っているため、玄関に入ると、今でも杉のよい香りに迎えられます

4年半ほど前(2018年)に
ふくろうはうす 暮らしの見学会」にご参加いただき、
少しずつ構想をまとめ、1年半くらいかけて、
じっくりプランニングしました。

 

ご夫婦と小学生の子どもさん2人の4人家族ですが、
新築から3年の間、身体の不調がほぼなく、
元気に過ごすことが出来ていると
嬉しいご報告をいただきました。

 

子どもさんは以前、
アトピー性皮膚炎に悩まされていたそうですが、
今では、症状がかなり軽減され、
家の中でボルダリングやうんてい、ロープ登りをして
元気に過ごされています。

 

今回は、ご縁をいただいたこのお客様ご家族の
見学会からプランニング、新築に至るまでの
ストーリーをお話させていただきます。

 

ふくろうはうす 暮らしの見学会

4年半ほど前(2018年)に
ご夫婦で暮らしの見学会にご参加いただき、
ふくろうはうす2階のオープンハウスに入られると、
「リノベーションでこんなになるのですか!」という
第一声をいただきました。

ふくろうはうす 暮らしの見学会

行き止まりのない「ぶつからない動線」が、
オープンハウスの大きなポイントですが、
奥様は特に水回りの使いやすさに惹かれたご様子で、
そのまま取り入れたいとおっしゃいました。

 

ご主人が注目されたのは、ボルダリング壁
壁を登ったところにあるうんていでした。

 

家の中で子供と一緒に遊べて、
体力づくり運動ができるのはいいですね、
とご感想をいただきました。

 

その後、ふくろうはうすの住まいづくり教室にも
ご夫婦でご参加くださいました。

 

ふくろうはうすの住まいづくり教室

ふくろうはうすの住まいづくり教室

ふくろうはうすの住まいづくり教室
全5回の講座で、1回あたり90分ですが、
ご質問をたくさんいただいたり、
お住まい以外のお話で盛り上がったり、
講座終了後30分を越えてお話することもありました。

 

「わかないことをわからないままにしないで、
どんどん聞いて下さいね」と毎回お伝えして、
お客様の家づくりへの疑問や不安
少しでもお応えできるように対応してきました。

 

これまでに、様々な住宅展示場に
何度か行かれたそうですが、
具体的に住まい方暮らし方に落とし込んで
お話をするということがほぼなかったとのことで、

 

前もって、資金繰りだけでなく、
間取りや自然素材についても勉強できてよかった。」
とご感想をいただきました。

 

「夢マップ」を使って叶えたい夢や暮らしを引き出す

プランニングへと進む前に、
ご家族全員で取り組んでいただくのが「夢マップ」です。

 

夢や希望だけでなく、現在困っていることや不満など、
心の中にある様々なことを、ご家族それぞれの色を決めて、
ふせんに書き出していきます。

「夢マップ」は家族それぞれ色を決めて書き込みます&ふくろうキャラクター(ぷく・ふくお・ふくこ)

お住まいとは直接関係のない「旅行に行きたい」などを
書き出すことも「夢マップ」の大切な役割です。

夢マップ」について詳しくはこちら >>

 

ご家族が、それぞれの思いを知り、共有することで
これからの暮らしをどのように設計していくのか、
我々工務店がお家というハード面を造っていくうえで、
お客様の暮らしというソフト面
どのようにお住まいに反映させられるかが重要です。

 

そして「夢マップ」を元に
じっくりと時間をかけてプランニングを作成し
お客様の住まいが完成しました。

 

子どもさんの部屋は寝るだけの場所で、
勉強遊ぶのもリビング、ボルダリング壁も
リビングの続きにあります。

 

また、ご主人の趣味部屋もリビングの一角にあり、
杉の大黒柱で少し隠されているため、
ご家族と同じ空間で過ごしながら、
目線が気にならない距離感で趣味を楽しまれています。

 

ボルダリング壁の正面にテレビを設置しましたが、
リビング側からの目線から画面が隠れるよう工夫して、
テレビがリビングの主役にならないようにしました。

 

ご家族の気配を感じながらも
お互いあまり意識しすぎないよう、
見えず隠れずの距離感でお互いに見守りあう、
リビングを中心としたお住まいが出来上がりました。

 

自然素材と遊び心で作る快適空間

ボルダリング、うんてい、ロープを設置され、
ご主人と子どもさんが一緒に楽しまれているそうですが、
コロナ禍で外遊びが制限されている時に
家の中で遊ぶことができたのはとてもよかったと
ご感想をいただきました。

ボルダリング壁の設定でお家時間を楽しむ

ボルダリング用の壁の面積を広く取り、
増やせるタイプのボルダーを造ったため、
ホールドやルートを変更しながら
お家時間を楽しんでいただいているそうです。

 

また、アトピー性皮膚炎の原因のひとつに
ハウスダストが挙げられますが、
湿度など住宅環境の影響も大きく関わっています。

 

クロスの壁やフローリングは静電気を帯びて、
ほこりがふんわりつきますが、カビの胞子が
ほこりのうえに乗っているようなイメージです。

 

漆喰(しっくい)の壁はほこりが舞って付着しても
自浄作用で落としてくれます。

 

また、ほこりに含まれたウイルスなどを
漆喰のアルカリ性によって吸着分解する作用もあります。

 

オープンハウスの我が家も
杉材の床と漆喰(しっくい)の塗り壁ですが、
掃除機をかけても、ほこりが舞わずゴミが少ないです。

杉材の床と漆喰(しっくい)の塗り壁は、掃除機をかけても、ほこりが舞わずゴミが少ないです

これらの相乗効果でアトピー性皮膚炎の症状が
改善されたのではと思われます。

 

新築から3年目の定期点検

ふくろうはうすの暮らしの見学会を
モデリングしてくださったお客様の
お住まいにお伺いして、
屋根・外壁・内装と一通り点検させていただきました。

 

住まわれていると、
サッシなどの動きが多少鈍くなったりするので、
スムーズになるような調整作業を行います。

 

自然素材を使っているため、新建材に比べて、
自然なひび割れが発生しやすくなり、
目立ってしまっている場合には補修を施しますが、
構造的な欠陥が発生しているわけではないので
あまり気にしなくても大丈夫です。

 

今回は
ふくろうはうす 暮らしの見学会」にご参加いただき、
新築されて3年目の点検にお伺いした、
お客様のお話をさせていただきました。

 

あなたも
オープンハウス「ふくろうはうす 暮らしの見学会」で
ぶつからない動線」や「ボルダリング」を
体感してみませんか?

 

新築やリノベーションの参考にしたい方は
オープンハウス「ふくろうはうす 暮らしの見学会」に
お気軽にお申し込みください。

 

ふくろうはうす 暮らしの見学会」のご予約は、
6月の土、日曜日は既にいっぱいになりましたが、
6月の平日はご予約いただける日が少しあります。

7月については、土、日曜日は、
1日(土)、2日(日)、15日(土)、16日(日)、
29日(土)、30日(日)はご予約いただけます。
7月の平日は、日は特定できませんが、
ご予約を承っております。

尚、6月7月とも、平日の見学会をご希望の方は、
メールやお電話で空き情報をお問い合わせください。

 

お申込みはこちら

 

高橋俊博のおうちSOS はこちら >>

外壁・屋根 メンテナンス診断 はこちら >>

現場監督・大工 求人募集 はこちら >>

 

群馬県桐生市の工務店
リフォーム・リノベーション専門店
住まいの健康寿命診断士
ふくろうはうす(高橋建装)の高橋でした。

次回は「夏の暑さ対策!
日除けシェードを屋外設置で直射日光をカット!!」
のテーマで準備しています。
楽しみにしてくださると嬉しいです。

Spread the love
上部へスクロール